MAS監査


MAS監査とは、中期経営計画書をベースに算定した単年度計画書の計画数値と実際の経営実績値を対比させ、そのズレ(経営リスク)を把握します。そして検討事項や改善事項を明確にして、経営実績報告書を基にあんしん経営をサポートします。

先見経営のための「経営サイクル」

トップが将来を見据え中期ビジョン(戦略)を示し、幹部と共に来期の戦術を具体化します。 更に毎月の達成管理を徹底することで「経営サイクルPLAN→DO→SEE)」の仕組みが確立され、「先見経営・先行管理」が実現できます。先見経営は経営計画でビジョンの具体化を実現します。先行管理は目標達成管理で企業体質の強化を実現します。


自己資本充実のための「タックスプラン」

合法的なタックスプランは、利益の適正分配と内部留保を具現化し、企業体力を高めます。決算予測を行い、必要に応じ専門的アドバイスを行います。

安全経営のための「リスク分析」

経営の安定化を図るために、企業に潜む4つのリスク(財務・信用・経営経常・純粋)を顕在化し、 改善への糸口を見出すための分析を行います。

事業承継のための「自社株分析」

事業の承継は、企業が社会の公器である以上必然といえます。 自社株のスムーズな後継者へのバトンタッチが可能かどうかを概算分析します。

財産承継のための「シェアプラン分析」

同族会社における経営者の個人財産は、企業経営に大きな影響力を持っています。 経営者の相続に伴う納税資金繰りや財産の分割に伴う相続リスクを分析します。


税務顧問・税務のご相談は
セカンドエース税理士法人まで

お電話でのお問い合わせ

084-921-8531

税務・相続税・クラウド会計導入などのお困りごと、まずはお気軽にお電話ください。

受付時間 9:30〜16:00

Webからお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

WEBフォームからのお問い合わせなら、24時間いつでも承ることが可能です。お気軽にお問い合わせください。

一時支援金についてのお問い合わせ

一時支援金について

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の影響緩和のための給付金「一時支援金」に関するお問い合わせ